So-net無料ブログ作成

横須賀 浄楽寺、天神島と立石公園 [仏像]

2009年9月5日

一ヶ月前に予約を入れて、ようやく浄楽寺を訪れることが出来た。
以前、関東では無いと言われていた運慶作の仏像がここにある。

昭和34年に久野健(くのたけし)氏が、毘沙門天像の体内から木札を見つけ、
そこに文治五年(1189年)大仏師運慶が、小仏師十人を従えて作ったと書かれており、
不動明王像からも同じ納入物が発見されたことで、運慶の作であると認定された。

当時、運慶が興福寺関係の僧であることは判明していたが、
この木札には塔頭の名前までも記載されており、
後世では分かり得ない記述があった。
また、大仏師になった時期も不明確であったが、
文治五年には大仏師の地位にあったことが明確に記されていた、
この発見に興奮している様子が彼の著書「仏像」に書かれている。

制作時期としては、円成寺にある大日如来像が20歳頃の作品と言われており、
ここ浄楽寺の作は30代の作と考えられている。
静岡にある願成就院の諸像より4年後の作になる。

大御堂 浄楽寺

久野氏の著書で見た本堂の写真とはかなり変わっている。
屋根も茅葺から瓦になっている。おそらく建て替えられたのだろう。
(1)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8836.jpg

<阿弥陀如来像>
螺髪は小さいが高さがあり先が尖る。額は小さい。
頬を立体的に張りださせ奥行きを作り出すことに成功している。
特徴ある唇の形も立体化に寄与している。
肩から二の腕までの膨らみをきれいに肘まで持っていく技術、
また運慶の特徴とも呼べる手の厚みがよく出ており、
慶派のリアリズムは、仏像と人々の距離を無くしていく役割を、
担わせているように思える。
この像で一番素晴らしいと思ったのは、
左足の膝頭から右肩にかけて彫られた衣文の流れである。
この衣文の深さを自由自在に操っている技術に驚くと共に、
この角度から運慶も覗き見て「良し」とつぶやいた気がした。

<勢至菩薩(左)と観音菩薩像>
左右対称に作られた勢至と観音菩薩像である。
しかしながら、明らかに左右の勢至菩薩は、
違う仏師によって彫られたと思われる。
足指の表現、再現さに大きな違いがあり、左の勢至菩薩に比較して
観音菩薩は持物を持つ指先にまだ藤原時代の名残が見える。
また衣文の彫りも浅く、慶派の特徴である豊かで柔らかい手が、
若干薄い気がする。
写真で見るだけでは分からないが、唇の立体性も勢至菩薩の方が、
厚みがある。
どちらも阿弥陀像側の足を曲げるが、曲げた足の裳と反対の裳で、
ひだの厚みを変えている点などは、
大仏師である運慶の指示であったろうと思われた。

<毘沙門天像>
顔の彫りが素晴らしい。
スタイルも東寺の四天王像に比べてすっきりとした印象を持つ。
怒りの顔も抑えつつも、頬から顎にかけての力強さは意思の強さを表している。
やはりこの像の手も繊細に作られていることを感じる。

<不動明王像>
最初の印象はアンバランス。とくに肩から二の腕にかけてのたくましさと、
手首から先が赤ちゃんの手のような小ささ。
それは足にも表れていて、甲が異様に高く足の長さは短い。
つまり子供のような体型を元に内側からこみ上げる怒りを、
筋肉の盛り上がりで表現したかのようだ。
ただの筋肉質の像に仕上げていないところが運慶らしいと感じた。

細かい部分にまで手を抜かず、肌部分には繊細なまでに膨らみの曲線を追い求め、
衣文の襞にはその深さだけを求めず、
徹底的にライン全体をあらゆる角度から整えていく技法が、
運慶のすごさだと改めて思った。

天神島(佐島公園)

浄楽寺をでて天神島に向かった。
海洋動植物の宝庫として貴重な場所だそうである。
岩礁で周囲を覆われた小さな島で30分もあれば一周できてしまう。
宮崎県や和歌山にある鬼の洗濯岩と言われる程の規模はないが、
それなりに波によって作られた造詣が楽しめる。
(2)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8866.jpg

天神島沖の岩礁に休むウミネコたち。
(3)EF200mm F2.8L USM
IMG_8878.jpg

岩礁2
(4)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8903.jpg

ハマカンゾウ(浜萱草)の花と奥には江ノ島。
(5)EF200mm F2.8L USM
IMG_8914.jpg

立石公園

佐島の大楠漁港からバスに乗り立石公園へ。
予定ではこの漁港でおいしい魚を食べるつもりだったが、
お腹が減っておらず、残念ながら今回は断念する。
魚を扱っているお店には、たくさんの買い物客が集まっていた。

安藤広重が『相州三浦秋屋の里』を描いたことで有名な景勝地。
立石とぼんてんと呼ばれる岩場の間に富士山が見えるそうで、
落日の絶好ポイントとなっているそうである。
この日は残念ながら富士の姿は拝めなかった。
(6)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8949.jpg

立石を砂浜から写す。
約25000年前に積み重なった地層が固まり、波に削られて出来上がったもの。
地質は凝灰岩で、高さ約12m、周囲約30mとある。
(7)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8977.jpg

「ぼんてん」の岩礁と自生する松。
(8)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_8987.jpg

岩礁で素潜りの準備をする男。
(9)EF200mm F2.8L USM
IMG_8999.jpg

ハマカンゾウとぼんてんの岩礁。
(10)EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
IMG_9012.jpg

立石の夕景を撮影すべく待つかどうかが悩んだが、
他の人と同じ写真を撮っても仕方ないかと思いバスに乗り込んだ。
帰りのバスから何気なく外を見ていると、
逗子駅近くで知り合いが歩いているのを発見!
思わず「今ここ」電話をしてしまった。

今回の撮影でEF-S10-22mmはEF-S17-85mmに比べて、
逆光にかなり強いことが分かった。
EF-S17-85mmは本当に逆光が苦手で、撮影するのに一苦労していただけに、
逆光に強いレンズを手に入れたのは心強い。

東京国立博物館で10月12日まで、
「二体の大日如来像と運慶様(うんけいよう)の彫刻」を開催している。
これも期間までに行かなければ。
海外へ流出騒ぎでニュースにもなった真如苑蔵の大日如来が展示されている。
他に康円(運慶の孫)作で神護寺の愛染明王坐像に会えるのが楽しみである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。